本文へスキップ

有益電磁波研究会は有害電磁波による体の不調を改善することを目的としています

TEL. 044-953-3091

〒215-0013 神奈川県川崎市麻生区王禅寺西1-44-1

会社方針CONCEPT

会社方針

 私は普段歯科医師として、噛み合わせ、金属アレルギー、顎骨の薬物の蓄積などを原因とする、現代医学や病院では良くならない不定愁訴を、Oリングテストを用いて原因を調べ、解消するという治療を行っています。
 人間が不調に陥る色々な原因の内、環境的要因として電磁波があります。電磁波は、今のところ全ての人に悪影響があります。
 電磁波有益研究会は、Oリングテストを用いて、電磁波による原因不明の不定愁訴の改善を目指しています。

CEOメッセージ

CEO 電磁波は、いわゆるオール電化の進行、ハイブリッドカーやパソコン等の普及、地デジ化への移行などの要因が重なり、依然として増え続けています。公的にはそれらの電磁波に実害はないとされていますが、しかし、インターネットを通じて得られる情報は必ずしも電磁波に対して肯定的ではなく、海外では携帯電話は有害であるとする報道も少なくありません。電磁波の有害を論じる書籍も多数販売されています。また、WHOでも、有害との報告が発表されています。
 パソコンをすると肩がこる、目が疲れるとよく言われますが、電磁波により筋肉が硬くなり、脳血流が低下することに原因を求める声もあるのです。
 このように、電磁波の人体に対する影響が懸念されながら、殆ど規制されていないのは、客観的な証拠が明らかにされていないことに原因があります。
 しかし、電磁波は有害であると即座に反応を知ることができる方法もあります。私たちが行っているのは、Oリングテストという方法です。このテストは、大村恵昭博士の発明に係わるもので、被験者に親指と他の指の指先を合わせて、輪(即ちOリング)を作らせるとともに、他方の手を被験者の患部近くに置き、試験者の指で上記被験者の輪を作っている指を引き離そうと試みる間、被験者の指を閉じようとする能力の変化を診て、患部の異常を探索します。この発明は、日本国内においては特許法の規定によ特許されない技術に該当しますが、米国特許第5188107号を取得したことで有名であり、その成果は著しいとも言えます。
 私は、Oリングテストを検証するとともに、歯科医師としての立場における経験と見聞を経て、電磁波は人体に対して一定の好ましからざる影響があるのではないかとの知見を得、その結果、電磁波の位相変換回路を開発するに至ったのです。

バナースペース

有益電磁波研究会

〒215-0013
神奈川県川崎市麻生区王禅寺西1-44-1

TEL 044-953-3091
FAX 044-954-5252